個人として登録

個人、個人事業主/個人経営者として登録する場合は、2ファクタ認証が有効になっているApple IDでサインインして、手続きを開始します。登録には、正式な名前、住所などの基本的な個人情報の入力が必要になります。

法人向けの管理対象 Apple ID

Apple Business Manager

法人であれば、無料で登録・利用することができます。
登録にはD-U-N-Sナンバーが必要となるため、個人の方は利用することができません。また、登録の際は他のAppleサービスで使われていない、新しいApple IDが必要です。

■詳細については、Appleのサイトをご参照ください。(別ウィンドウ表示)

■登録サイトは、こちらのAppleのサイト(別ウィンドウ表示)

■登録説明サイトは、こちらの.Tooのサイト参照してください。(別ウィンドウ表示)

会社は、業務に利用するため、社員用の管理対象 Apple ID を作成できます。管理対象 Apple ID は会社に固有の ID となり、利用者が各自で作成する Apple ID とは区別されます。管理対象 Apple ID を、個人用の Apple ID と同じメールアドレスや電話番号に関連付けることができます。個人用の Apple ID とは違い、管理対象 Apple ID で利用できるサービスは IT 管理者が管理します。※Appleサイトより抜粋

組織として登録する場合

組織として登録する場合、2ファクタ認証が有効になっているApple IDに加え、下記の事項が必要になります。

必要なもの

D-U-N-S®番号

登録するには、組織情報および法人のステータスを確認するためのD-U-N-S番号を有している必要があります。D-U-N-S番号は、Dun & Bradstreetによって付与される9桁の一意の番号であり、標準的な企業識別情報として広く利用されています。自分の組織がすでにD-U-N-S番号を有しているか確認し、必要な場合は番号取得をリクエストしてください。この番号は、ほとんどの地域で無料で取得できます。

法人としての地位

登録するには、組織はAppleと契約を締結できる法人である必要があります。架空事業名、商号、屋号、支店名での登録は認められません。

法的な契約を結ぶ権限

Apple Developer Programに組織を登録する担当者は、組織を代表して契約を結ぶ法的権限を有している必要があります。また、その担当者は、組織の所有者または創設者、経営管理者、上級プロジェクト管理者であるか、上級社員から法的権限を付与されている従業員である必要があります。

Webサイト

組織のWebサイトは、一般に公開されているWebサイトであり、ドメイン名は組織に関連付けられている必要があります。