COBBERCを導入するまでの手順

デベロッパーとは

デベロッパーとは「アプリを開発した企業または個人」のことです。

制作したアプリをAppStore,Google Playストアーに登録するためには、個人でも法人でも、必ずデベロッパー登録をしなければなりません。

アプリ制作する前にデベロッパーから登録しましょう。

Apple Storeに登録するためにはIOSデベロッパー登録、GooglePlayストアーに登録するためにはGOOGLEデベロッパー登録を個人でも法人でも必ずしなければなりません。

登録費はIOSは年間99ドル、アンドロイドは初回1回のみ25ドル必要です。
アップル社、グーグル社に直接支払うことになります。

App Store申請の流れ

実装とテストを無事終えたら、次はいよいよリリースとなります。
ここでは、開発したiOSアプリをApp Storeへ公開するまでの手順についてお話していきます。

Apple Store申請は以下の手順で行います。

  1. Apple Developer Programへの登録
  2. 申請したいアプリの配布用Provisioning Profileの作成
  3. App Store Connectでアプリの情報を登録
  4. アプリの審査申請

1.Apple IDを取得

Apple IDが無ければ取得してください。

Apple IDの新規取得

2.DUNS Numberの取得

D-U-N-S番号とは、企業法人を所在地ごとに事業所単位で識別するための、9桁の固有の数字です。D-U-N-S番号は、Dun & Bradstreet (D&B) によって番号の付与や管理が行われており、標準的な企業識別情報として広く利用されています。

  1. pple Developer サイトで確認・取得する
  2. 東京商工リサーチ サイトで確認・取得する

Apple Developerサイト

Apple社との取引(Apple Developerの専用ページへ)別ウィンドウで開きます

3.App Store申請・・法人の場合

Google Playの申請の流れ

  1. Googleのデベロッパーアカウントを登録
  2. デジタル署名を付けてapkファイルをビルドする
  3. Play Consoleからアプリを登録する
  4. アプリの審査
  5. 配信の申請する