インボイス制度 が必要となる背景には、8%と10%の2つの消費税率の存在があります。2つの税率が平行して運用されているなか、どの取引や商品に、どちらの税率が適用されているかを明確にする必要が出てきました。これによって、正確な経理処理が可能になるとしています。法人はもちろん個人事業主、いわゆるフリーランスとして活動している人にも関係する重要な制度です。

取引の透明性を高めるため

 軽減税率制度が実施されたことで、8%と10%の2つの税率が同時に混在することになり、これらを明確に区分することを目的として現行の「区分記載請求書保存方式」が導入されました。

 商品の売り手は買い手に対して消費税額を正しく伝える必要があり、適用税率や税率ごとの消費税額を請求書内で明記する「適格請求書」を導入し、取引の透明性を高めることになりました。

インボイス制度